メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『コーネル・ウェストが語るブラック・アメリカ』=C・ウェスト著、C・ブッシェンドルフ編

 (白水社・2592円)

 とにかく、読めば元気になれる。正義や愛と呼ばれるものが確かにあると、力強く確信させられる。現代アメリカを代表する「ブラック」(黒人)の哲学者兼活動家である著者が、同国史に残る6人の思想家ら「賢人」について縦横に語った。ドイツのアメリカ研究者によるインタビュー形式となっている。

 取り上げる「賢人」は、日本でもよく知られたキング牧師やマルコムXだけでなく、リンカーンの奴隷制廃止を後押ししたフレデリック・ダグラス、社会運動の組織者として名を残したエラ・ベイカーら、世界的に著名とは言い難い人物も含む。本書は、彼らのそれぞれの言動や歩みに、権威や名誉に左右されず真理を語り、結果として人々を動かした「預言者」としての性格を見る。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 世界のコロナ感染者1億人超え 収束見通し不明、2カ月半で倍増

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです