メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もんじゅ

原発より命を守って 「維持費1日5500万円、人に」 廃炉と貧困絡め大阪で集会

集会で対談する雨宮処凛さん(右)=大阪市中央区で2016年10月1日、望月亮一撮影

 政府が廃炉の方向で検討を始めた福井県敦賀市の高速増殖原型炉「もんじゅ」などをテーマにした反原発の市民集会が1日、大阪市中央区で約600人が参加して開かれた。約1兆2000億円が使われたもんじゅの廃炉は当然とし、貧困問題にも詳しい作家の雨宮処凛さんが「命を基準に税金の支出を」と訴えた。【大島秀利】

 市民団体でつくる「とめようもんじゅ関西連絡会」などが主催した。小林圭二・元京都大原子炉実験所講師が「もんじゅは不必要で危険。プルトニウムの増殖が困…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです