メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

迫る決戦

衆院福岡6区補選/下 もたつく野党共闘 民進、対共産で温度差

福岡6区候補予定者の応援で駆け付けた蓮舫代表の街頭演説では、野党共闘のプラカードを掲げる人も見られた=福岡県久留米市の西鉄久留米駅西口で、門田陽介撮影

 「参院選が野党と市民の共闘の第1ステージとすれば、衆院選は第2ステージ。その初戦がこの6区の選挙。野党共闘ができないというのはありえない」。9月中旬、野党共闘を求める市民団体が福岡県久留米市で開いた集会で、共産党の真島省三衆院議員(比例九州)が訴えかけた。

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです