西本願寺

伝灯奉告法要始まる 20万人の参拝見込む

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
伝灯奉告法要に臨む大谷光淳門主(右)と光真前門主=京都市下京区の西本願寺で2016年10月1日、小松雄介撮影
伝灯奉告法要に臨む大谷光淳門主(右)と光真前門主=京都市下京区の西本願寺で2016年10月1日、小松雄介撮影

 浄土真宗本願寺派の本山・西本願寺(京都市下京区)で1日、宗祖親鸞聖人から数えて第25代となる大谷光淳門主(39)の就任を全国の門信徒らに披露する伝灯奉告(でんとうほうこく)法要が始まった。36年ぶりに営まれる法要は来年5月まで延べ80日間続き、約20万人の参拝を見込む。

 光淳門主は、2014年6月に退いた父の…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文341文字)

あわせて読みたい

注目の特集