メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
復興を探して

再開の食堂、無念の解体 宮城・気仙沼

解体されたやまと食堂の跡地。基礎部分だけが残っている=宮城県気仙沼市で2016年10月1日、三浦研吾撮影

 半世紀以上にわたり愛されてきた宮城県気仙沼市魚町の「やまと食堂」が7月、市の土地区画整理事業に伴って解体された。東日本大震災の津波で大きな被害を受けたが、9カ月後に再開し、一時はにぎわいを取り戻した。店主の高橋寛弘(ともひろ)さん(73)は悩む。「工事が終わるまで待ち、また立ち上がることができるだろうか」【三浦研吾】

 気仙沼漁港から100メートルほど。潮のにおいが届く県道沿いのやまと食堂が7月10日、最終日を迎えた…

この記事は有料記事です。

残り1396文字(全文1606文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  3. 日中韓外相でも日韓が火花 韓国、輸出規制撤回要求 日本「不適切」

  4. 京都市内ホテル 外国人比率、過去最高 上半期の宿泊状況 /京都

  5. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです