メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 2階建てロープウエー(スイス・シュタンザーホルン) 新旧の「誇り」感じて

ルツェルン湖を背景にシュタンザーホルンを登るロープウエー「カブリオ」

 スイス中部、ルツェルン湖の南に位置する標高1898メートルのシュタンザーホルン。眼下には緑や湖と寄り添うように街並みが広がり、アイガー、メンヒ、ユングフラウなどアルプスの山々が見渡せる。8月でも山頂の気温は体感で10度ほど。頬に当たる風がひんやりと心地よい。

 この自然豊かな行楽地で自然以外の「モノ」が注目されている。2012年にデビューした世界初のオープンデッキ付き2階建てロープウエー「カブリオ」。デッキに上がると視界を遮るものはなく、大自然の空気を肌で感じながら、ダイナミックな風景をカメラに収めることができる。定員はガラス張りの下層キャビンが60人、上層デッキは30人。上下は階段で移動できる。名称はオープンカーの「カブリオレ」と「ケーブル」に由来し、15年にスイスデザイン賞にノミネートされた。

 かつてはふもとのシュタンスから山頂のホテルまで、全長約3915メートルを3区間に分けて結んでいた。使われていたのは19世紀末に地元のシュタンザーホルン鉄道が敷設したケーブルカーだ。1970年の大嵐でホテルと最終区間が壊滅的な被害を受け、75年に後半2区間がロープウエーとして再建された。カブリオはその2代目。最初の区間は今もレトロなケーブルカーが走っている。

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです