メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「国籍一つ」当たり前? 選択義務、制度に限界/海外では重複許容

台湾籍が残っていたことについて釈明会見する民進党の蓮舫代表=参院議員会館で、森田剛史撮影

 蓮舫民進党代表に台湾籍が残っていた事実をきっかけに注目された「二重国籍」。日本では認められていないが、欧米や中南米では容認する流れが広まっているという。「国籍は一つ」という日本の制度は国際的には「当たり前」ではなかった?【小林祥晃】

 「子どもが二重国籍になると聞いて、慌てて一時帰国しました。大きなおなかを抱えて十数時間の空の旅は大変でした」。東京都在住の40代主婦Aさんは12年前、夫の海外赴任で同行した中米グアテマラでの経験をこう振り返る。

 Aさん夫婦はともに日本人。日本は両親どちらかが日本人なら、子どもは日本国籍となる「血統主義」の国だが、グアテマラは自国で出生した子どもには親の国籍に関係なくグアテマラ国籍を付与する「生地主義」の国。このため、グアテマラで生まれた日本人の子は自動的に二重国籍になってしまうのだ。

この記事は有料記事です。

残り2476文字(全文2838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  2. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです