メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 サンダース票どこへ 学生ローンの若者苦慮

書類を示しながら学生ローンの重い負担について語るマクナリーさん。サンダース上院議員への支持を示すシャツを身につけている=米中西部ミシガン州イプシランティで、西田進 一郎撮影

 11月の米大統領選で注目される有権者層の一つが、民主党予備選で旋風を起こしたバーニー・サンダース上院議員(75)を強く支持した人たちだ。中核の若い世代は深刻な学生ローンに苦しむ。激戦州の中西部ミシガンで、彼らの選挙観をさぐった。【イプシランティ(米中西部ミシガン州)で西田進一郎】

クリントン氏でもトランプ氏でもなく

 「月々の将来返済額は5959ドル(約61万円)」。ショウナ・マクナリーさん(34)は、ミシガン州イプシランティで同居する両親の家で学生ローン書類に目を落とした。

 高校卒業後、飲食店などで働いたが「人を助け、子供たちのために安定した職に就きたい」と医師を目指し、…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文1003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです