メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンガリー

国民投票きょう結果 野党拒否、成立微妙 難民阻止、政権は強硬

ハンガリーの難民割り当ての是非を巡る国民投票で票を投じる有権者=セルビア国境近くの村ロスケで2日、ロイター

 【ウィーン三木幸治】欧州連合(EU)による難民割り当ての是非を巡るハンガリーの国民投票が2日、始まった。昨年、欧州には100万人以上の難民らが流入。EUはギリシャ、イタリアに集まった難民16万人の割り当てを始めたが、ハンガリーは割り当てを拒絶している。世論調査では受け入れ「反対」が多数を占める。投票結果は、2日夜(日本時間3日早朝)に大勢判明する見通し。

 ハンガリーのオルバン首相は昨年、欧州で最も早く国境にフェンスを設置して難民らの流入を阻止するなど「難民・移民拒絶」の強硬派だ。これまでも「移民が増えれば、テロの危険性が高まる」と繰り返してきた。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 新型肺炎 クルーズ船乗客2人死亡 早期診察でも重症化

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです