衆院予算委

首相「毛頭考えてない」 慰安婦へおわび書簡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相=藤井太郎撮影
安倍晋三首相=藤井太郎撮影

「追加措置」求める声について否定

 安倍晋三首相は3日午前の衆院予算委員会で、慰安婦問題に関する日韓合意に基づき韓国政府が設立した財団内で、安倍首相による元慰安婦への「おわび」の趣旨を込めた書簡の送付などの「追加措置」を求める声があることについて、「我々は毛頭考えていない」と否定した。

 昨年12月の日韓合意では慰安婦問題の「最終的、不可逆的な解決」を確認し、日本側が元慰安婦を支援する韓国の財団に10億円拠出することなどで合意したが、書簡…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集