JR大宮駅

大量ムクドリ大合唱に近隣店舗は悲鳴

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
屋上広告付近に大量に集まったムクドリ=小川耕一さん撮影・提供
屋上広告付近に大量に集まったムクドリ=小川耕一さん撮影・提供

 JR大宮駅(さいたま市大宮区)西口に毎夕集まる大量のムクドリが「ギュルギュル」「キーキー」と騒がしい鳴き声を発し、近隣店舗の従業員らを困惑させている。

 「朝まで鳴いていますよ」。駅前の飲食店で働く男性はうんざりした表情で話した。9月30日午後6時、ムクドリはあっという間に西口にある木を埋め尽くし、大合唱を始めた。夏には、近くのビルの屋上広告付近に集まっていたという。

 同市によると、大宮駅前以外にも市民から「街路樹にムクドリが集まり、騒がしい鳴き声やフンで困っている」などといった苦情が寄せられている。市はムクドリが嫌う音を流すなどして駆除に努めているが、日がたつと舞い戻ってきてしまうという。

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文511文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集