赤ちゃん相談

「妊娠したかも」SOS電話が激増

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
慈恵病院の赤ちゃんポスト=熊本市島崎の慈恵病院で、結城かほる撮影
慈恵病院の赤ちゃんポスト=熊本市島崎の慈恵病院で、結城かほる撮影

熊本の慈恵病院「窓口」に 10代が2割近くにも

 親が育てられない乳児を受け入れる赤ちゃんポストを設置した熊本市の慈恵病院による「SOS赤ちゃんとお母さんの相談窓口」への電話が、昨年度5466件となり、9年前の10倍以上に達した。10代の相談が2割近くあり、妊娠をめぐり孤立する若い女性の姿が浮かび上がる。元看護部長の田尻由貴子さん(66)は支援の実態をまとめた本を出版、「命と自分の人生を大切に」と訴えている。

 病院は2007年、赤ちゃんポストの開設に合わせ、24時間フリーダイヤル(0120・783・449)で相談を受け始めた。13年にテレビドラマ化されたことで知名度が広がり、ウェブサイトなどで「まずは相談を」と呼び掛けていることもあって利用が伸び、相談は累計約1万4700件に及ぶ。最も多いのは「妊娠したかも」「妊娠してしまった」との悩みだ。

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文939文字)

あわせて読みたい

ニュース特集