メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ノーベル文学賞、13日にも 春樹さん受賞に「壁」 「軽い」?…審査員の好みとずれ

「ウェルト文学賞」を受賞し、笑顔の村上春樹さん=2014年、篠田航一撮影

 ノーベル文学賞(13日発表見込み)で、毎年有力候補として紹介される村上春樹さん(67)。「今年こそ」と熱狂的なファンは期待するが、本当のところ、受賞の可能性はどうなのか。スウェーデンの一握りの審査員が選ぶ独特の判断基準を調べてみると、村上文学の「軽さ」が受賞のハードルになっているという声が聞こえてきた。【藤原章生】

 英ブックメーカー(賭け屋)は9月、2年ぶりに村上さんをトップ候補の賭け率にした。しかしこれは一般の人たちの期待値。ノーベル文学賞が審査されるストックホルムで活躍するジャーナリスト、デューク雪子さん(50)に電話すると、「難しい」との答えだ。「今のところ、アカデミーの会員たちの好みとちょっと違ってて彼が描く世界の深みを会員がわかっているかどうか。面白さを読み取っていない感じがするので」

この記事は有料記事です。

残り2946文字(全文3299文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです