メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発週報

9月26日〜10月2日 排気筒内に線量計落下続く /福島

 【9月27日】東京電力は福島第1原発1、2号機の共通排気筒(高さ約120メートル)内部に放射線量を測る線量計が落下したと発表した。排気筒は支柱に破断が見つかったため、高さ約60メートルから上を今後解体する予定。解体前に放射線量確認のため小型無人機「ドローン」でワイヤを結んだ線量計を内部に投げ込み、外からワイヤを引っ張って測定していたが、突然ワイヤが切れた。排気筒上部の突起にワイヤが当たり摩耗したためとみられる。調査法を変え、30日にも調査を試みたが、再び内部に落下した。

 【28日】東電は第1原発5、6号機に外部電源を引き込む送電線を固定する「引留(ひきとめ)鉄構」につ…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです