メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おうみのお店

おもちゃと駄菓子の三徳屋 /滋賀

 (日野町内池905)

昭和のお宝がぎっしり!

 「一つ、二つ、三つ……。はい。全部で119円ね」。ゆっくりと店主の徳田正之さん(62)が、袋詰めの駄菓子と1円のおつりを手渡す。受け取った小学生の女の子は、「お宝」がひしめく薄暗い店内から日差しの中に戻っていった。おもちゃと駄菓子を扱う「三徳屋」は、今でも子どもたちの「人気店」だ。

 近江鉄道日野駅から徒歩1分。1900年に同駅が開業した頃に店を始め、正之さんで5代目。35平方メー…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文643文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 前田、鈴木が東京五輪代表に内定 マラソン女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです