メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

島根 松江フォーゲルパーク ペンギンの散歩人気 花咲き乱れ、鳥と触れ合い フクロウの飛行ショーも /中国

人気のペンギン散歩。さくらは一番左のペンギン=松江市大垣町の松江フォーゲルパークで、長宗拓弥撮影

 宍道湖畔に広がる花と鳥のテーマパーク「松江フォーゲルパーク」(松江市大垣町)。年間約17万人が訪れ、週末は観光客や家族連れでにぎわう松江観光の定番スポットだ。約32万平方メートルで、7000鉢1万株の花を栽培し、90種400羽の鳥を飼育する。雌のペンギンが男性飼育員に求愛する姿が話題となり、「恋するペンギン」として海外でも注目を集めたことも。季節問わずに色鮮やかな美しい花々が咲き誇り、たくさんの鳥たちと触れ合うことができる。

 入場すると、まず出迎えてくれるのは満開のベゴニアやフクシア。展示室は適切な温度が保たれて花は年中満開。2001年7月に開園したパーク内には、二つの鳥の温室と花の展示温室があるが、屋根付き回廊が設けられ、悪天候でも快適に過ごせる。

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. サッカーキング リュディガー、トッテナムファンの反応に失望「人種差別が勝利した」

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 日本酒の化粧水、女子高生コラボ 菊正宗、共同でデザイン /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです