メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小学生農業体験

楽しみ、苦労学ぶ 四万十市・5年50人 /高知

ハクサイの苗を畑に植える小学生たち=高知県四万十市の県立幡多農高で、真明薫撮影

 農業の楽しみや苦労を知ってもらおうと、四万十市古津賀の県立幡多農業高(宮川雅一校長)で3日、小学生向けの農業体験学習があった。同市立東山小(松本治彦校長)の5年生50人がハクサイの苗植えや種まきをした。

 児童たちは総合学習の一環で、農業の勉強をしており、5月に出前授業で幡多農高の生徒が東山小を訪れ…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです