メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

21世紀論語らぬ米大統領選=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 間近に迫る米国大統領選挙では、2人の候補の比較を超える視点が求められる。

 まず第一は、21世紀の先進国政治は20世紀までの近現代史とは異なる領域に入ったという視点である。米ソという両超大国の対立の構図は1991年のソ連の崩壊で終了したが、これに取って代わる体制の想定は決して簡単ではなかった。それはソ連崩壊によって「解放」されるものが何なのか、が明らかでなく、冷戦時においては中東が論じられるときも、ソ連の影響力の拡大阻止が主眼だった。

 冷戦時代に米国の国際戦略を描いたキッシンジャー氏やブレジンスキー氏がわずかに、追い込まれたロシアの…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 漫画喫茶刺殺 検察「紙めくる音にいらだち殺害」 被告側は責任能力の有無争う 名地裁初公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです