メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

簡単材料で薬膳サムゲタン

 暑さが残り、夏の疲れもなかなか取れないこの時期。滋養のある食事で体調を整えたい。鶏肉を煮込んだ韓国料理「サムゲタン」は、夏の暑い時に食べると良いとされるが、「養生のためには年中おすすめ」と、薬膳料理研究家の新開ミヤ子さんは話す。家庭で手軽に楽しむ方法を教えてもらった。

 本場韓国のサムゲタンは、丸鶏を使って生の朝鮮ニンジンなどが入る。日本の食卓で手軽に作るなら、骨付きもも肉を使って。「鶏肉にニンニクとタマネギさえあれば、あとは手に入るものだけで十分です」と新開さん。ナツメやクコの実、ハスの実は中華食材の売り場で見つかるが、なければ入れなくてもいい。これらの食材とユリ根、ヤマイモは、胃腸の調子を整えたり、体に潤いを与えたりと、薬膳ではさまざまな効能がある「食薬」とされる。

 ヤマイモは大きめに切り、ホクッとした食感になるまで煮ると栄養の吸収が良くなる。今の季節なら、ギンナンを入れても。もち米がスープにとろみを加えるが、主食を兼ねるなら、量を増やしておかゆ状にする。材料を準備すれば、あとは鍋に入れて煮るだけという手軽さだ。肉が硬くならないよう、鍋は必ず土鍋など厚手のものを使う。

この記事は有料記事です。

残り1364文字(全文1857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  2. 鍵をかけていても… 北関東でトラクターの窃盗多発 転売目的か

  3. デジタル庁採用、倍率47倍 民間人材枠、30人先行募集に

  4. 共産都議団が今夏の東京オリンピック中止を申し入れ 「コロナ対策集中を」

  5. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです