メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

秋場所幕内力士平均体重、過去最高164.3キロ 大型化、一段と

新入幕の秋場所では206キロの巨体を生かせず負け越し。来場所以降の減量を目指すという天風=北山夏帆撮影

 大関・豪栄道が初優勝を全勝で飾った大相撲秋場所で、幕内力士の平均体重が過去最高の164・3キロとなった。力士は体を大きくすることが求められ、朝稽古(げいこ)の後、ちゃんこを食べて昼寝をするのは、体重を増やすためだ。一方で、けがのリスクが増える懸念もある。【村社拓信】

けがのリスク

 今場所は199キロの臥牙丸の再入幕、206キロの天風の新入幕もあり、場所前に測定した平均体重は、前回測定した夏場所前よりも3・3キロ増え、日本相撲協会が正式に発表するようになった1953年秋場所以降、最も重い体重となった。

 53年秋場所での平均体重は114・49キロだった。今場所関取で最も軽量の石浦が114キロだ。この約…

この記事は有料記事です。

残り1561文字(全文1863文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです