メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

大隅良典氏に医学生理学賞 先見の明、後進に光 愛弟子の水島昇・東大教授「研究姿勢、尊敬する」

恩師の大隅良典さんのノーベル賞受賞が決まり、取材に応える水島昇・東京大教授=東京都文京区の東大で2016年10月3日午後6時50分、藤野基文撮影

 ノーベル医学生理学賞の受賞を決めた大隅良典(おおすみよしのり)・東京工業大栄誉教授(71)と共に研究を続け、共同受賞が期待された愛弟子の水島昇・東京大教授(50)が、東京都文京区の研究室で取材に応じた。「20年近く一緒に研究してきたので、私が貢献しているところがあれば、うれしいこと。でも、基礎的な研究が評価されたことが、この分野の研究者にとっては非常に喜ばしいことだ」と話した。

 水島さんは高校時代、医師か科学者かで進路に迷ったが医学部に進学した。内科医となったが、偶然目にした…

この記事は有料記事です。

残り1502文字(全文1743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです