メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

補助犬

受け入れ、病院で理解広まらず 法整備から14年 「断られた」46%

「医療機関でも、補助犬受け入れがもっと進んでほしい」と語る深谷佳寿さん=兵庫県尼崎市で、釣田祐喜撮影

 不特定多数が利用する施設で義務づけられている盲導犬など補助犬の受け入れを巡り、医療機関での理解が広まっていない。兵庫県尼崎市の病院では先月、男性が盲導犬の同伴を断られた。日本補助犬情報センター(横浜市)の昨年のアンケートでは、使用者の約4割が同じ体験をしたと回答し、センターは「法整備が進み補助犬同伴で受診できるのに、医療機関の認識が不十分」と指摘する。【釣田祐喜】

 補助犬には盲導犬のほか、介助犬と聴導犬がある。

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです