メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

大隅さん「この上ない幸せ」…少年時代から夢

 「人がやらないことを」−−。ノーベル医学生理学賞の受賞を決めた大隅良典(おおすみ・よしのり)・東京工業大栄誉教授(71)は「流行ではなく面白いと思うことをやる」をモットーに、誰も取り組んでいなかった細胞内のオートファジー(自食作用)の解明の道を突き進んできた。基礎的な分野に地道に取り組み、顕微鏡をのぞき続けた真摯(しんし)な研究者は「この上ない幸せ」と、いかついひげを蓄えた顔を思いっきりほころばせた。【柳楽未来、伊澤拓也、山崎征克】

 大隅さんは3日夜、横浜市緑区の研究室で報道陣や研究員らが見守る中、椅子に腰掛けて発表の瞬間を待った…

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. 「嵐」二宮和也さん、元アナウンサー女性と結婚 「一人の男としてケジメ」

  4. 「相談受ける立場を利用し悪質」 教え子の女子中学生らに校内でみだらな行為 元教師に実刑判決

  5. 火縄銃2丁や刀剣など盗難 奈良・大和郡山市所有 倉庫の鍵はガスメーターの陰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです