メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

大隅さん「細胞の自食」解明…医学生理学賞

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、笑顔で記者会見する大隅良典東京工業大栄誉教授=東京都目黒区で2016年10月3日午後8時18分、長谷川直亮撮影

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、2016年のノーベル医学生理学賞を東京工業大栄誉教授の大隅良典(おおすみよしのり)氏(71)に授与すると発表した。日本の受賞は3年連続で、25人目。大隅氏は生物が細胞内でたんぱく質を分解して再利用する「オートファジー(自食作用)」と呼ばれる現象を分子レベルで解明し、生命活動を支える最も基本的な仕組みであることを突き止めた。オートファジーが人のがんやパーキンソン病にも関係していることが判明し、疾患の原因解明や治療などの医学的な研究につながることが期待される。

 大隅氏は東京大助教授だった1988年、微生物の一種・酵母を栄養不足で飢餓状態にすると、液胞と呼ばれ…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです