メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR北

46駅の廃止検討…赤字見直し策、自治体と協議へ

 JR北海道の赤字路線運営見直し問題で、同社が9路線46駅を廃止する方向で沿線自治体に説明していることが3日、北海道千歳市などへの取材で分かった。同社の駅全体の約1割に当たり、沿線自治体は8市22町1村に上る。同社は自治体と協議した上で、来春のダイヤ改正に合わせて存廃を決定する方針。

 同社の駅は、北海道新幹線駅などを含めて計435駅。過去5年間の1日の平均乗降客数が1人以下の駅は51駅あり、このうち留萌線留萌−増毛間の5駅は12月5日の同区間廃線とともに廃止…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  4. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  5. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです