特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

ノーベル賞

学生結婚、いたずら好きな夫…妻万里子さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自宅で電話の対応に追われる大隅さんの妻万里子さん=神奈川県大磯町で2016年10月3日、渡辺明博撮影
自宅で電話の対応に追われる大隅さんの妻万里子さん=神奈川県大磯町で2016年10月3日、渡辺明博撮影

 「職もない。お金もない。結婚を決めたのは勢いですかね」。3日夜、神奈川県大磯町の自宅で取材に応じた大隅良典さんの妻万里子さん(69)は、大隅さんとは学生結婚だったと語り、夫の家庭人としての意外な素顔を紹介した。

 2人は東大大学院の同じ研究室で先輩、後輩として出会った。当時の苦労を聞かれ、「お金はないけど、不思議に苦労したという感じはない。一緒に研究していることが楽しかった。私は楽天的なんです」と照れながら振り返った。「まさかノーベル賞を取るなんて(結婚した時は)思いもしませんでした」とも。万里子さん自身、帝京科学大教授を務めた研究者だ。息子2人を育てながら、夫の研究を長年見守り、陰で支えてきた。

 研究に忙しい日々を送ってきた夫は、日曜日など家でぐったりしていることも多かった。それでも、息子たちが幼いころ一緒にカブトムシを取りに出掛けるなど子煩悩だった。また、家で万里子さんの眼鏡をいたずらで隠すなど、ふざけるのが大好きだという。「漫才みたいでしょ。私がぼけ役かな」と笑う。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文843文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集