メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

工藤 美代子・評『異端者』勝目梓・著

苦しみの果てに手にする自由で爽やかな老境

◆『異端者』勝目梓・著(文藝春秋/税抜き1700円)

 人間が生きるのは最長でも100年くらい。その間の変化は想像を絶する速さである。

 本書の主人公は戦争で父を失い、母とふたりで甲府の親戚の家に身を寄せていた。やがて上京して大学に進学する。貧しい生活の中で部活とアルバイトに励み、卒業すると出版社に就職する。そこを定年まで勤め上げて退職し、房総の海の近くで独り暮らしをしている72歳の男だ。

 表面的にはこれだけの平凡とも言える生涯で、さしたる大きな事件もなければ、世間を騒がせるような派手な醜聞もなく、人生が終わろうとしている。

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです