メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

副大統領候補テレビ討論 外交、経済政策で激突

 【ファームビル(米南部バージニア州)西田進一郎】米大統領選(11月8日投開票)に向けた民主、共和両党の副大統領候補によるテレビ討論会が4日夜(日本時間5日午前)、バージニア州のロングウッド大学で開かれた。民主党のティム・ケーン上院議員(58)と共和党のインディアナ州知事、マイク・ペンス氏(57)が外交、経済政策を巡って激突。さらに相手陣営の大統領候補に対する非難合戦を繰り広げた。

 副大統領候補は、民主党ヒラリー・クリントン候補(68)と共和党ドナルド・トランプ候補(70)ととも…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです