メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡2016

声出し・コスプレOK 躍る映画館「応援上映」 新たな魅力、一体感

映画を見ながらペンライトを振る観客たち=大阪市北区で2016年9月、幾島太郎撮影

 映画のスクリーンに向かって観客が声援を送る「応援上映」が、急速に広がりを見せている。「上映中はお静かに」がマナーだった映画館で巻き起こる観客参加型の新しいムーブメントだ。「声出しOK、コスプレOK、ペンライトOK」の応援上映は、新たな映画鑑賞スタイルとして定着するのか。【長尾真希子】

 観客が手にしたペンライトの色が、スクリーンに登場するキャラクターごとに変わる。観客の8割は女性。飛び交う声援はまるでアイドルのコンサート会場さながら。9月中旬に大阪・梅田で開かれた劇場アニメ「KING  OF  PRISM  by  PrettyRhythm(通称・キンプリ)」の応援上映での一幕だ。

 「キンプリ」は、個性豊かな男の子たちがスター(プリズムスタァ)を目指して、切磋琢磨(せっさたくま)し、成長していく物語。今年1月の公開当初は閑古鳥が鳴いていたが、3週目から応援上映を始めると、口コミで評判が広がり、異例のロングランを記録。これまでに47万人を動員し、興行収入は当初見込みを大幅に上回る8億円超になった。続編が来年6月公開で製作されることも決まった。

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1292文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです