メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本還暦軟式野球

川崎ドリームが優勝 61歳・伊波投手「練習報われた」 /群馬

優勝を決めて喜ぶ神奈川県代表の川崎ドリームの選手たち=上毛新聞敷島球場で

 第32回全日本還暦軟式野球選手権大会は4日、前橋市の上毛新聞敷島球場で準決勝2試合と決勝があった。決勝で、神奈川県代表の川崎ドリームが、宮城県代表の宮城ドリームズを9−4で降し、4年ぶり3回目の優勝を果たした。優勝を決めたナインからは「冥土の土産ができた」などの冗談も飛び出した。

 最優秀選手賞には、110キロ台の力のある速球を武器に優勝に貢献した川崎ドリームの伊波興治投手(61)が輝いた。伊波投手は「1年間の練習が報われてうれしい。守備で助けてくれた仲間に感謝です」と喜んだ。中村宏二監督(74)は「全試合に投げてくれた伊波投手はまさに鉄腕。頂点を目指して必死にやってきたので優勝できてとてもうれしい」と笑顔を見せた。【西銘研志郎】

 還暦野球発祥の地・群馬県で18年ぶりに…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. ジャパンライフ立件へ 被害2000億円、元会長ら詐欺容疑 警視庁

  4. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  5. 新型コロナ 新たに10人が感染 確保の155床に115人入院 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです