メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

だいあろ〜ぐ

東京彩人記 経験不足は冬トレで カヌースラロームで東京五輪目指す 三島廉さん(18) /東京

三島廉さん

 急流に設置した旗門(ゲート)を通過し、タイムと技術を競うカヌーのスラローム競技。海外勢が圧倒的な強さを見せる中、23歳以下のU23日本代表の三島廉さん(18)は2020年の東京五輪でメダル獲得を目指し、地元・青梅市の御岳渓谷で練習に励む。4年後を見据えた当面の目標に、来年の日本選手権優勝を挙げ、先輩のオリンピアンらに比べ足りない経験を、この冬のトレーニングで克服すると決意をにじませる。【熊谷泰】

 −−カヌーで日本人初のメダリスト誕生です。

この記事は有料記事です。

残り1202文字(全文1424文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  3. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  4. 「通学バス、給食の手配が間に合わない」休校や短縮授業の学校も 拳銃強奪
  5. 「おとなしくて真面目な印象。トラブルや苦情ない」東京の容疑者自宅マンション管理人 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです