メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/130 ペンギン/7 /東京

巣穴をのぞくフェアリーペンギン=葛西臨海水族園で

雄と雌が子育て協力

 葛西臨海水族園のフェアリーペンギンは、冬から春にかけて繁殖する。展示場に設けた人工の岩の穴に、ペアで集めた枯れ草などを敷き詰めて巣穴を作り、雌は2、3日間隔で卵を2個産む。雄と雌は交代で卵を抱き、約36日でふ化すると、その後も協力し合い、ひなを育てる。

 えさは、両親がある程度消化したアジなどを、口移しで与える。ひなはふ化時の体重は35グラムほどだが、30〜45日ほどで親鳥とほぼ同じ約1キロになる。30倍近くに…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 園児をトイレに閉じ込め 東京・足立の認可保育園で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです