メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自殺防止

若者の自殺止めたい NPO、ミュージカルで訴え /東京

本番に向け練習に熱が入る佐藤まりあさん(左から3人目)ら出演者=西東京市民会館で

 青少年のうつ病を理解し、自殺を未然に防ごうというミュージカル「つまづいても」が8日と19日、都内の二つの大学で上演される。NPO法人「社会貢献ミュージカル振興会」(西東京市)が社会人のうつ病や自殺防止をテーマに製作した「やまない雨」に続く2作目。今回はブラックバイトや就職試験の圧迫面接など、大学生にとって身近な問題を取り上げている。【斉藤三奈子】

 同振興会によると、2作目製作のきっかけは2012年、精神科医の堀正士・早稲田大学教授(青年期精神医…

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文927文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選2019・激戦えひめ 最後の日曜、訴え熱く /愛媛
  3. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  4. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです