メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自殺防止

若者の自殺止めたい NPO、ミュージカルで訴え /東京

本番に向け練習に熱が入る佐藤まりあさん(左から3人目)ら出演者=西東京市民会館で

 青少年のうつ病を理解し、自殺を未然に防ごうというミュージカル「つまづいても」が8日と19日、都内の二つの大学で上演される。NPO法人「社会貢献ミュージカル振興会」(西東京市)が社会人のうつ病や自殺防止をテーマに製作した「やまない雨」に続く2作目。今回はブラックバイトや就職試験の圧迫面接など、大学生にとって身近な問題を取り上げている。【斉藤三奈子】

 同振興会によると、2作目製作のきっかけは2012年、精神科医の堀正士・早稲田大学教授(青年期精神医学)が1作目の舞台を観劇したこと。脚本と作詞・作曲を手がけた同振興会の理事長、米田慎哉さん(60)と交流が始まった。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです