メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

道の駅

勝山に整備 市内初、20年開業目指す /福井

道の駅「恐竜渓谷ジオパーク(仮称)」の建設予定地=福井県勝山市荒土町松ケ崎で、立野将弘撮影

 勝山市は4日、同市荒土町松ケ崎の県道沿いに検討していた市内初の道の駅を整備する基本計画を発表した。名称は「恐竜渓谷ジオパーク(仮称)」とし、2020年開業を目指す。市は道の駅を観光の中核施設として位置づけており、担当者は「地域活性化につなげたい」と話している。

 道の駅は県道勝山丸岡線と、来月6日に開通する県道勝…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです