メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なら歳時記

東洋民俗博物館(奈良市) 「早過ぎた奇才」再評価 /奈良

仏像など世界の民族資料を紹介する九十九弓彦さん=奈良市あやめ池北1の東洋民俗博物館で、皆木成実撮影

 米文化人類学者の助手として活躍した故九十九(つくも)豊勝さんの収集品を中心に民族・民俗資料約1万点を紹介する東洋民俗博物館(奈良市あやめ池北1)。豊勝さんの性的な民俗コレクションが災いし、温泉地の秘宝館のような紹介をされることが多かったが、時代の変化や、1928(昭和3)年の建築が近代化遺産として認められたことをきっかけに「早過ぎた奇才」への再評価が始まっている。【皆木成実】

 一昨年3月、県近代化遺産総合調査報告書に掲載された木造一部2階建て建物は、東京の旧帝国ホテル本館に…

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです