メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/22 自殺の連鎖を断ち切るには 命を守るため、できることから /香川

「自殺防止には『つながり』が大事」と話す廣瀬警部補=高松市内で、玉木達也撮影

 「行方不明の自殺企図者はとても多い。『今から自殺します』と連絡があり、何回も助けたが結局、亡くなってしまった。そういうケースが少なくない」

 先月5日の「香川県自殺対策連絡協議会」で、自殺未遂者の情報を関係機関に提供することで、自殺防止につなげたいと発言した、県警人身安全対策課の廣瀬太志警部補(41)。その思いの背景を知りたくて後日、取材すると、自殺の悲劇が改めて浮き彫りになった。

 人身安全対策課には県内の警察署から行方不明者の発生、発見の情報が集まってくる。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  3. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです