メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小池都知事

五輪会場「1カ月で結論」 都議会初論戦

東京都議会の代表質問に臨む小池百合子知事=東京都新宿区で2016年10月4日午後0時56分、長谷川直亮撮影

 東京都の小池百合子知事は4日、都議会本会議の代表質問で初めての論戦に臨んだ。2020年東京五輪・パラリンピックで、都が整備する3競技会場の抜本的見直しなどを提言した都政改革本部の調査チームの中間報告について「関係局で検討に着手しており、1カ月をめどに一定の結論を得るよう努力したい」と表明した。豊洲市場(江東区)の盛り土問題では「要因は(都職員の)責任感の欠如にあると言わざるを得ない」と述べた。

 20年東京大会について調査チームは9月29日に公表した中間報告で、開催経費が現状のままでは3兆円を…

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです