メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震・ふるさとよ

第4部/1 関連死防いだ人の和

「お別れ会」で「星影のワルツ」を熱唱する加藤重美さん(右)とそれを笑顔で見つめる結子さん(左から2人目)=熊本県益城町で、福岡賢正撮影

 8月31日夜、熊本地震の被災地・熊本県益城(ましき)町砥川(とがわ)の町公民館飯野分館で「お別れ会」が開かれた。この日を最後に指定避難所でなくなるため、9月も自主避難という形で分館にとどまる4世帯7人に加え、かつてここに身を寄せた被災者やボランティア、担当した町職員ら30人が集まって思い出を語り合った。

 「2カ月半ぐらいお世話になった(分館の)卒業生です。今は仮設住宅に入っとりますが、ここでの生活がよ…

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文866文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです