メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
応援上映

声出し・コスプレOK…躍る映画館、新たな魅力

映画を見ながらペンライトを振る観客たち=大阪市北区の梅田ブルク7で2016年9月、幾島健太郎撮影

 映画のスクリーンに向かって観客が声援を送る「応援上映」が、急速に広がりを見せている。「上映中はお静かに」がマナーだった映画館で巻き起こる観客参加型の新しいムーブメントだ。「声出しOK、コスプレOK、ペンライトOK」の応援上映は、新たな映画鑑賞スタイルとして定着するのか。【長尾真希子】

 観客が手にしたペンライトの色が、スクリーンに登場するキャラクターごとに変わる。観客の8割は女性。飛び交う声援はまるでアイドルのコンサート会場さながら。9月中旬に大阪・梅田で開かれた劇場アニメ「KING OF PRISM by PrettyRhythm(通称・キンプリ)」の応援上映での一幕だ。

 「キンプリ」は、個性豊かな男の子たちがスター(プリズムスタァ)を目指して、切磋琢磨(せっさたくま)…

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1288文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. 「期待に応えられなかった」青島氏 与党テコ入れ利かず 埼玉知事選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです