福岡高裁

暴排導入前の口座解約は「有効」 1審判決支持

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「暴力団排除条項」導入前に作った預金口座を一方的に解約されることで不利益を被るとして、指定暴力団「道仁会」(福岡県久留米市)会長らが三井住友銀行(東京)とみずほ銀行(同)を相手取って口座解約の無効確認を求めた訴訟の控訴審判決で、福岡高裁は4日、1審・福岡地裁判決を支持し、会長らの控訴を棄却した。

 白石哲裁判長は「条項は目的の正当性が認…

この記事は有料記事です。

残り46文字(全文215文字)

あわせて読みたい

注目の特集