メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

416 「オシリス・レックス」打ち上げ成功/2

ことなるサンプル回収法かいしゅうほう

 先月せんげつ、アメリカ航空宇宙局こうくううちゅうきょくNASAナサ)がげた探査機たんさき「オシリス・レックス」がかうターゲットの小惑星しょうわくせいは、2013ねん公募こうぼもとづきエジプト神話しんわ不死鳥ふしちょうにちなんで「ベンヌ」となりました。おおきさはほぼ500メートルくらいと推定すいていされていますから、2010ねん地球帰還ちきゅうきかんした「はやぶさ」(1ごう)がおとずれた「イトカワ」とおなじくらいですね。一方いっぽう、2014ねん12がつ日本にっぽん宇宙航空研究開発機構うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこうJAXAジャクサ)が鹿児島県かごしまけん種子島たねがしまからおくした「はやぶさ2」が現在げんざいめざしている小惑星しょうわくせい「リュウグウ」は900メートル程度ていどかんがえられています。

     「オシリス・レックス」の目標もくひょうである「ベンヌ」は、これまでの観測かんそくから、2169ねんから2199ねんまでのあいだに8回地球かいちきゅう接近せっきんし、そのどれかで衝突しょうとつする可能性かのうせいが(わずかながら)あることが判明はんめいしています。だから、研究けんきゅうしておく価値かち十分じゅうぶんにあるわけですね。

     「オシリス・レックス」のサンプル回収かいしゅう方法ほうほうは、世界最初せかいさいしょ小惑星しょうわくせいサンプルリターンをなしとげた「はやぶさ」とすこことなります。

     「はやぶさ」は、探査機たんさきからびた「サンプラーホーン」というつつとおって、上部じょうぶから弾丸だんがん発射はっしゃされ、小惑星表面しょうわくせいひょうめん激突げきとつった破片はへんをキャッチし、帰還きかんカプセルへとみます。これにたいして「オシリス・レックス」では、小惑星しょうわくせい表面ひょうめん窒素ちっそガスを噴射ふんしゃし、表面ひょうめん物質ぶっしつばして、がったチリを回収かいしゅうします(1)。サンプルを採取さいしゅしたあとは、ロボットアームを使つかって回収かいしゅうカプセルに収納しゅうのうします。

     アメリカのやりかたほうが、サンプルにあたえる影響えいきょうすくないとおもわれますが、それも、130億円おくえんの「はやぶさ」にたいし、「オシリス・レックス」は総事業費そうじぎょうひが1000億円おくえんをはるかにえる潤沢じゅんたく予算よさんをかけていることで可能かのうになったとおもわれます。

     JAXAジャクサNASAナサは2014ねん11がつ17にち、「はやぶさ2」と「オシリス・レックス」が回収かいしゅうしたサンプルを協定きょうてい署名しょめいしています。「リュウグウ」はCがた、「ベンヌ」はBがたで、小惑星しょうわくせいのタイプがことなるので、サンプルをうことでおたがいの研究けんきゅう一層意義いっそういぎあるものになるでしょう。「オシリス・レックス」の地球帰還ちきゅうきかんまでは足掛あしかけ8ねん長旅ながたび−−「はやぶさ2」とともにたのしみですね。参考さんこうまでに、両者りょうしゃ比較ひかくをしておきましょう(2)。(かん


     ★的川泰宣まとがわやすのりさん

     ながらく日本にっぽん宇宙開発うちゅうかいはつ最前線さいぜんせん活躍かつやくしてきた“宇宙博士うちゅうはかせ”。現在げんざい宇宙航空研究開発機構うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこうJAXAジャクサ)の名誉教授めいよきょうじゅYACヤック顧問こもん、「KU−MAクーマ名誉会長めいよかいちょう、「はまぎんこども宇宙科学館うちゅうかがくかん館長かんちょうつとめる。


    日本宇宙少年団にほんうちゅうしょうねんだん(YOUNG ASTRONAUTS CLUB−JAPAN)

     宇宙好うちゅうずあつまれ!! http://www.yac-j.or.jp

    NPO法人ほうじん ども・宇宙うちゅう未来みらいかい(KU−MAクーマ

     宇宙教育うちゅうきょういくサポーターあつまれ!! http://www.ku-ma.or.jp

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
    2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
    3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
    4. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方
    5. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです