メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

世界で一番美しい歌劇場の看板名作~ヴェネツィア、フェニーチェ歌劇場で「椿姫」を見る

ヴェネツィアの小運河

 旅先として一番好きな街は?

 そう聞かれたら、「プラハとヴェネツィア」と答える。

 どちらも歴史があり、どこをとっても絵になり、ぶらぶら歩くだけで楽しい街だからだ。いずれも大戦の被害を受けていないので、足掛け何世紀にもわたる建築物がそっくり残っている。1000年以上共和国として繁栄したヴェネツィアなど、ひとつの建物にロマネスクからゴシック、バロックまで、さまざまな様式の窓が混在していることが珍しくない。そして、筆者にとって肝心なことに、どちらの街にも「オペラ(=歌劇場)」がある。

この記事は有料記事です。

残り4232文字(全文4474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです