メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
どうすれば安全安心

バーベキューでの「落とし穴」 生肉に食中毒リスク

 さわやかな秋空の下、家族や友人らと楽しむバーベキューは格別だ。ただ、野外で火をおこし、慣れない環境で食材を扱う際には、思わぬリスクもある。楽しいレジャーで思わぬ「落とし穴」にはまることがないよう、注意点を紹介したい。【横田愛】

中まで褐色に加熱して/保管の際は10度以下で/野菜は別の器具を使用

 一般社団法人・日本バーベキュー連盟が1日に横浜市内で開いた初心者向けの講習会に参加した。理事長の菊井康則さんは「バーベキューにはトラブルの要因がいろいろあります。安全、衛生管理があってこその楽しいバーベキューです」と強調する。

 「落とし穴」とは、具体的にどんなものがあるのだろうか。消費者庁が昨年7月に全国の消費者2000人を…

この記事は有料記事です。

残り2001文字(全文2312文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです