メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒柳徹子

海外コメディー「レティスとラベッジ」主演 今も欠かさぬ「女優の顔」

「レティスとラベッジ」について「大いに笑っていただける作品だと思います」と話す黒柳徹子=大阪市北区で、関雄輔撮影

 今年40周年のトーク番組「徹子の部屋」や音楽番組「ザ・ベストテン」など、テレビ草創期からお茶の間で親しまれてきたが、実はテレビで演技をする姿を見たことがない人も多いのでは。「もう40年ドラマに出ていないので、私を女優だとご存じない方もいるんじゃないかしら」。そう言ってちゃめっ気たっぷりに笑った。

 1953年にNHK専属テレビ女優の第1号としてテレビの世界に入り、数多くのドラマに出演。76年、「徹子の部屋」が始まったのを機に女優活動を控えるようになった。

 「役を演じながら司会もやると混乱を招くと思ったんです。悪女役をしていたら、悪い人が話を聞いているみ…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです