メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒柳徹子

海外コメディー「レティスとラベッジ」主演 今も欠かさぬ「女優の顔」

「レティスとラベッジ」について「大いに笑っていただける作品だと思います」と話す黒柳徹子=大阪市北区で、関雄輔撮影

 今年40周年のトーク番組「徹子の部屋」や音楽番組「ザ・ベストテン」など、テレビ草創期からお茶の間で親しまれてきたが、実はテレビで演技をする姿を見たことがない人も多いのでは。「もう40年ドラマに出ていないので、私を女優だとご存じない方もいるんじゃないかしら」。そう言ってちゃめっ気たっぷりに笑った。

 1953年にNHK専属テレビ女優の第1号としてテレビの世界に入り、数多くのドラマに出演。76年、「徹子の部屋」が始まったのを機に女優活動を控えるようになった。

 「役を演じながら司会もやると混乱を招くと思ったんです。悪女役をしていたら、悪い人が話を聞いているみたいに思われちゃう」。その思いから、本人役などの一部を除いてテレビで演じることを避けてきた。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです