メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊賀市

県越え初の定住自立圏 京都・笠置町、南山城村と /三重

定住自立圏形成協定に調印した(左から)手仲圓容・南山城村長、岡本栄・伊賀市長、西村典夫・笠置町長=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影

 伊賀市は4日、京都府笠置町、南山城村との間で定住自立圏形成の協定をそれぞれ結んだ。各市町村の9月議会の協定締結議決を受け、伊賀市役所で「伊賀・山城南定住自立圏形成協定合同調印式」があり、中心市宣言をしている伊賀市の岡本栄市長が西村典夫・笠置町長、手仲圓容・南山城村長と協定書を交わした。来年3月までに定住自立圏としての政策を盛り込んだ共生ビジョンをまとめる。

 3市町村の人口は伊賀市9万4274人▽笠置町1446人▽南山城村2911人の計9万8631人(いず…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです