メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミナミオカガニ

南方系「白浜っ子」です 京都大白浜水族館で展示 /和歌山

甲が赤紫色をしている南方系の陸生ガニ「ミナミオカガニ」=和歌山県白浜町の京都大白浜水族館で、野原隆撮影

 白浜町の京都大白浜水族館が、町内の民家で見つかった南方系の陸生ガニ「ミナミオカガニ」の展示を始めた。同水族館は「南方から白浜へ流れ着いて成長し、捕獲された貴重な事例」と話している。

 ミナミオカガニは、甲の幅が8センチ、足を広げると25センチほどになる陸生ガニ。主に八重山諸島から南の亜熱帯、熱帯地方…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. 南北首脳 思惑一致、極秘の電撃会談
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  5. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]