メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミナミオカガニ

南方系「白浜っ子」です 京都大白浜水族館で展示 /和歌山

甲が赤紫色をしている南方系の陸生ガニ「ミナミオカガニ」=和歌山県白浜町の京都大白浜水族館で、野原隆撮影

 白浜町の京都大白浜水族館が、町内の民家で見つかった南方系の陸生ガニ「ミナミオカガニ」の展示を始めた。同水族館は「南方から白浜へ流れ着いて成長し、捕獲された貴重な事例」と話している。

 ミナミオカガニは、甲の幅が8センチ、足を広げると25センチほどになる陸生ガニ。主に八重山諸島から南の亜熱帯、熱帯地方…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パンダ 赤ちゃん誕生、体重少なく保育器に 和歌山
  2. 買春容疑 津市課長を逮捕 制服姿でホテルで発覚
  3. 訃報 ウスペンスキー氏80歳 「チェブラーシカ」原作者
  4. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  5. のん 「この世界の片隅に」新作は「ちょっと大人っぽいすずさん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです