メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミナミオカガニ

南方系「白浜っ子」です 京都大白浜水族館で展示 /和歌山

甲が赤紫色をしている南方系の陸生ガニ「ミナミオカガニ」=和歌山県白浜町の京都大白浜水族館で、野原隆撮影

 白浜町の京都大白浜水族館が、町内の民家で見つかった南方系の陸生ガニ「ミナミオカガニ」の展示を始めた。同水族館は「南方から白浜へ流れ着いて成長し、捕獲された貴重な事例」と話している。

 ミナミオカガニは、甲の幅が8センチ、足を広げると25センチほどになる陸生ガニ。主に八重山諸島から南の亜熱帯、熱帯地方…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです