メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 「地味対決」激しい応酬 副大統領候補テレビ討論

 【ファームビル(米南部バージニア州)西田進一郎】米大統領選の副大統領候補によるテレビ討論会が4日、バージニア州のロングウッド大で開催された。民主党のティム・ケーン上院議員(58)、共和党のインディアナ州知事、マイク・ペンス氏(57)とも知名度が低い「地味対決」だったが、相手の大統領候補を批判する激しいやり取りを展開した。

 CBSテレビによると、90分間の討論中、相手が話している途中に割り込んだ回数はペンス氏が37回、ケ…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです