メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ひと

兒玉圭司さん=「健康卓球」の普及に奔走している

兒玉圭司さん

兒玉圭司(こだま・けいじ)さん(81)

 日本の男女がリオデジャネイロ五輪・パラリンピックで活躍した卓球は、トップアスリートだけのものではない。

 丹羽孝希選手や別所キミヱ選手を迎えて東京駅前で催しを開き、高齢化対策に役立つ「健康卓球」をアピールした。今後もカルチャーセンターや小学校で普及活動を行う。

 昨年春に発足した「卓球で日本を元気にする会」の代表理事。平均寿命が更新される中、寝たきりにならず、日常生活に支障のない健康寿命をどう延ばすかが課題になっている。生涯スポーツとしての卓球の可能性に着目した。

 「金を狙ってやっとメダルに手が届くほど世界で勝つのは難しい。一方、競技人口が多く、3歳から100歳…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文644文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  3. 「県民優先、上田県政継承」で伸び悩み克服 大野氏 埼玉知事選初当選

  4. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  5. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです