メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震・ふるさとよ

第4部/2 よみがえった仕事の虫

野良仕事を終えて道をスタスタと歩く地下足袋姿の加藤重美さん=熊本県益城町で、福岡賢正撮影

 「こん人は仕事しか能のなかもん。8年ばかり前、暮れに前立腺がんの手術ばしたつですよ。正月前に帰ってきたて思たら、畑行ってメロンのハウスば建てらしたつですたい。みんなたまがっとりました。がんより仕事が大事て思とらすもん」

 4月の熊本地震のショックで衰弱しながらも、熊本県益城(ましき)町の町公民館飯野分館の避難所の人たちに支えられて元気を取り戻した加藤重美さん(80)を、妻の結子さん(76)はそう評す。4人兄弟の長男で、9歳の時に父親が戦死したため、小さい頃から働き通しで生きてきた。結子さんが振り返る。

 「今年も1人でパイプば運んで50メートルのハウスば3棟建てらしたつです。4月にゃメロンの熟れかかっ…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです