メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日

サリバン賞に平塚さん シティ・ライツの活動を評価

 視覚障害者への支援に功績のあった晴眼者を対象とする「第24回ヘレンケラー・サリバン賞」(東京ヘレン・ケラー協会主催)の受賞者が、バリアフリー映画鑑賞推進団体「シティ・ライツ」代表の平塚千穂子さん(44)に決まった。表彰式は4日に行われ、賞状と、ヘレン・ケラー女史の直筆サインを刻印したクリスタルトロフィーが副賞として贈られた。

 平塚さんは、映画館に行きづらい視覚障害者の現状を知り、当初は同行して隣の席で説明する支援から始めた。2001年にシティ・ライツを設立し、音声ガイドを自分たちで作る活動へと発展させた。シティ・ライツは点毎に「音声ガイドでシネマ・ライフ」を連載し、映画の魅力を伝えている。今年9月には東京都北区に、障害の有無を問わず誰もが楽しめる常設のユニバーサルシアター「シネマ・チュプキ・タバタ」を開設した。

この記事は有料記事です。

残り78文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです